キャンペーン&情報

2017-11-14 19:32:00

皆さんは夜何時に寝てますか?美容師からの観点で申し上げますと、遅くとも深夜0時には就寝していただけると嬉しいです。

何故かと言うと、いわゆる【シンデレラタイム】夜22:00から 03:00に寝ると肌のターンオーバーを起こしてくれる成長ホルモンの分泌を促します

要するに、お肌に優しい、頭皮に優しい貴重なお時間でし

しかし近年では、夜22:00から03:00でなくても眠りについてからはじめの3時間程度の「深い眠り」の際に成長ホルモンが盛んになるとも言われています。 (睡眠は時間が長くても、睡眠の質が悪ければ睡眠不足状態と変わらない場合も。。)

最近お客様にカウンセリングをさせていただいていると

20代後半から40代のお客様で多い悩みの一つに【薄毛】があります。

改善方法の一つに【睡眠】があります。睡眠を改善すれば、症状(抜け毛や髪の毛が細くなる、痒みなど)が改善する可能性はあります。又髪の毛自体も綺麗な髪の毛に変化するケースもあります

頭皮にある毛母細胞(髪の毛をつくる)が睡眠不足では修復されず、新しい細胞も作られない為、抜け毛や薄毛は日に日に進んでいってしまいます。

睡眠不足になると免疫が低下し、疲れやすい体質になったり血行不良によって歪みの原因に。特に頭蓋骨の歪みに影響がでるため、これが薄毛を引き起こします。

是非【睡眠習慣】を今一度見つめ直していただけたらと思います。

2017-11-14 17:25:00

最近では『髪質改善』という言葉がよく聞かれるようになってきましたが、この言葉が流行りだず前から当店では『髪質改善』をテーマとしております!

つまり。。。

「髪質改善」は流行りなどではなく『常に必要なもの』なのです

ヘアカラーもパーマも最近の傾向として負荷をかけすぎていると感じられます

パーマは出来る限り優しく

強い薬でかける位なら、優しくかけて弱ければ「もう少しだけ」強くかけ直した方が良いと思います

ヘアカラーも

髪の毛が乾燥しない程度に髪の状況を見ながら

染まることも大事ですが、カラーの目的として綺麗に魅せることも大事だと思います

美容の薬剤は、日々めまぐるしく開発されておりますので『トリートメントメニュー』も当店では常に調査の上アップデートしております!


美容業界の薬剤は2年前の「最高」は2年後にはもう他の成分が【最高】になってたりします

一昔前は
ストレートパーマした髪にパーマをかける
パーマはとにかく「デジタルパーマで強く」
カラーは「毎回新しい色に挑戦」
トリートメントは「コーティングでツヤツヤ」

とお客様の要望でありトレンドではありましたが正直美容師の観点からすると

『髪の毛を無視した施術』

ではないかと思います

勿論『顧客満足』という観点も大事ですが

『美髪』といった観点からすると無茶をさせすぎた時代であったと思いますのでこれからは「髪質改善」「上質」といった観点から各美容室が切磋琢磨して業界をあげて向上して皆様にご提供出来ればと思います

いつかは全てのお客様が10代の髪質を手に入れる日を目標に勉強に励んでいきたいと思います

1